朝日火災 火災保険 加入 急ぎにも対応

火災保険の見直し検討、また無保険のお客様へご提案

  • HOME »
  • 火災保険の見直し検討、また無保険のお客様へご提案

お急ぎのお見積もりご加入相談にも対応致します!
土日・祝日・夜間も問い合わせ・ご相談承ります。まずはお気軽にお電話ください。

03-6884-2340
080-9156-0021  (ソフトバンクです。ユーザー間は無料通話可)
お客様に電話料金の負担が無いように、こちらから折り返します。

今現在、火災保険にはご加入でしょうか?

ご自宅の購入時に、あまり時間がなくて勧められるままに火災保険に加入してしまったという
お話は、火災保険の見直しをご検討されるお客様から大変多く伺います。
また、時には現在ご加入の火災保険証券の見方がよく分からない・どんな特約を付けているのか分からないから、一緒に見て欲しいというご相談も、まま承ります。

火災保険を、入りっぱなしにするのではなく、見直しをなさいませんか?

例えば、大雨や台風の際に増水するような河川・池・沼・湖などが無い。また家屋の背面が
斜面などになっていなくて、土砂災害の危険性も無い立地であるにも関わらず、「水災」の
補償がついているご契約になっている場合がございます。時には、マンションの7階部分に
お住まいでいらっしゃるのに、床上浸水を補償する「水災」の特約がついていた!などという
ケースさえあったり致します。

こういった場合、その保険をご契約されたままになさいますか?
それとも、見直しを掛けられますか?

ご加入当初、火災・落雷、破裂爆発の基本補償と、風雹雪災のみで加入したというお客様が
近隣で空き巣や盗難の被害が出たそうだけれど、火災保険の雑危険(盗難・水濡れ)補償を
付けていなかったので、付けて契約しなおしたいというご相談も頂きました。

このように、ご加入当初には、「これでいい!」と思ったパターンでご契約された方でも、
月日が経つうちに、更に心配な点が増えた。当初には考えなかったリスクに備えたいという
状況の変化というものは当然ながら起きます。

もしかしたら、不要な補償がついていた場合、次に契約するときに「外して契約」することで
保険料が節約できて、家計にプラスになるかもしれません。
また、当初は心配していなかったことに、新たに備えたいという「補償の追加」を希望される
としたら、これは大切なご家族様と住むおうちや家財にとっては、大変有効なことです。
特約を外すことにより保険料を安くして、また付けていなかった本当に必要な特約を付ける!という見直し効力もあります。しっかりとした見極めがポイントです。

是非、今一度、現在どのようなご契約プランで火災保険に加入しているか、再確認をなされる
ことをお薦め致します。また、プランについていろいろとご相談下さい。
多くの方に好まれるプランもあります。またお客様のご当地、ご自宅周辺の立地や環境に
ご家族構成などと共に、無駄のないお客様のニーズに添ったプランをご提案致します。

イメージ07

現在、火災保険に加入していない(無保険)のお客様へ

イメージ08

今現在、どちらの損害保険会社にも共済契約等にも加入していないお客様。
過去には火災保険に加入していたけれど、満期が来て切れてしまったままというお客様。
必要性は感じているけれど、具体的に火災保険の加入に至らなかったというお客様。
是非一度、朝日火災の「ホームアシスト」(家庭総合保険)のお見積もりをご覧ください。
保険料がリーズナブルで、不要な補償を外して保険料を安くしたり、また逆に、
ご心配なリスクについては、補償を厚くしてしっかりと備えることができます。

ご存知のように、「失火法」という法律があり、類焼してきた火災(もらい火)であっても
自分で契約した火災保険で補償を受けることとなります。もし万一、全焼するような火災
事故にでも見舞われたらと考えると、火災保険に加入していない(無保険)の場合は、
大変なリスクがあります。空気の乾燥した時節では、特に思いもかけない火災事故が
発生し、類焼を伴うような規模の大きな火災事故になってしまうこともあります。
是非一度、大切なご自宅と家財の火災保険について、ご検討されてみませんか?

特に最近では、年末年始やゴールデンウィーク、お盆などの夏季休暇でご実家に帰省された
折に、ご両親様やご家族様と「火災保険」の話になり、ご実家が無保険のままだった!と
ご相談頂くケースが多くなってきました。特に、ご実家から離れてお子様世代は別に住んで
いらっしゃる場合、ご実家の保険が切れていることには気づきにくくなってしまいます。
無保険のままというのは、心配ですね。是非、火災保険のご加入をご検討下さい。
火災事故は、本当に火の不始末から起きるものもあれば、漏電による火災事故もあります。
また火災だけではなく、竜巻・突風や強風など風による損害、雹が降ってガラスが割れたり
屋根が破損する雹災、また雪の重みで家が破損する雪災などもあります。また大雨や洪水
による床上浸水、土砂災害に備える水災もあります。ご実家でしたら、どういうリスクが
ご自宅にあるかどうか、お分かりということでしたら、お話がスムースに進みますね。
是非、ご家族様と火災保険や地震保険について、お話合われてみてはいかがでしょうか。

また保険料のお支払いが一括では、ちょっと心配というお客様もご安心下さい。
朝日火災の「ホームアシスト」(家庭総合保険)では、年払いというお支払い方法も
選べます。長期年払いは、お得です!以下に詳しくご覧いただけます。

長期年払のメリットは2つ!

イメージ09

アイコン3「保険料が安くなります。」

「長期年払い」の保険期間は2~10年の整数年からお選び頂けます。
お選びいただいた保険期間に応じ、保険料が4%~10%お安くなります。

【詳細】
2年    ⇒4%
3年    ⇒5%
4年    ⇒7%
5~6年  ⇒8%
7~8年  ⇒9%
9~10年⇒10%

是非、ライフプランに合わせて、保険期間を上手にお選び下さい。

アイコン4「保険期間中、ご継続のお手続きが不要です。」

「長期年払」にすると、保険期間中は、毎年のご継続のお手続きが不要になります!
「長期年払」の保険期間中は、ご継続もれの心配がありません!これは安心ですね。
「長期年払」の保険期間は、最長10年まで。

omitumori
ページのTOPへ
PAGETOP

(C) 2012-2017 おうちの保険com all rights reserved.