おすすめ火災保険 朝日火災『ホームアシスト』 火災保険における建物・家財の評価方法について

建物・家財の評価方法

  • HOME »
  • 建物・家財の評価方法

お急ぎのお見積もりご加入相談も対応致します!
土日・祝日・夜間も問い合わせ・ご相談承ります。まずはお気軽にお電話ください。

03-6884-2340
080-9156-0021  (ソフトバンクです。ユーザー間は無料通話可)
お客様に電話料金の負担が無いように、こちらから折り返します。

お見積もり

建物・家財の評価方法について

建物と家財の評価は、『新価』(同等のものを再築または再購入するために必要な金額)が基準となります。
「おうちの保険com」では、建物の面積や構造から、保険金額を試算いたします。

戸建の評価方法について

イメージ24

  • ・建物の評価は新価(同等の建物を再築または再購入するために必要な金額)基準によって行います。
  • ・土地代は評価額に含みません。評価額と土地付建物の購入金額の違いにご注意ください。
1 新築で建物の建築費用がわかる場合 評価額=建物の建築費用
2 新築後、一定期間が経過している場合で建築費用がわかる場合 評価額=建物の当時の建築費用×
経過年数に応じた物価変動係数
3 新築かどうかにかかわらず、建築費用がわからない場合 評価額=日新火災基準の1m2あたりの単価× 延床面積(m2)
  • ※長期の保険期間でご契約いただいた場合には、物価の変動等によって評価額の見直しを行っていただく場合があります。
  • ※門、塀、垣や倉庫等の付属建物の金額は評価額に含みます。外灯等の屋外設備の金額は評価額に含みません。

ページのTOPへ

分譲マンション等の戸室の評価方法について

イメージ25

  • ・占有部分(戸室)の評価は、新価基準によって行います。
  • ・ご希望に応じて、共有部分の持分割合を専有部分に含めて保険の対象とすることができます。ただし、共有部分は管理組合で一括して火災保険に加入していることが一般的ですのでご注意ください。
  • ・購入金額には、【専有部分】【建物共用部分の持分割合】【土地の持分割合】が含まれていますので、評価額と購入金額の違いにご注意ください。
1 新築で建物の建築費用がわかる場合 評価額=建物(専有部分)の建築費用
2 新築後、一定期間が経過している場合で建築費用がわかる場合 評価額=建物(専有部分)の当時の建築費用× 経過年数に応じた物価変動係数
3 新築かどうかにかかわらず、建築費用がわからない場合 評価額=日新火災基準の1m2あたりの単価× 延床面積(m2)
  • ※長期の保険期間でご契約いただいた場合には、物価の変動等によって評価額の見直しを行っていただく場合があります。

ページのTOPへ

家財の評価方法について

イメージ26

  • ・家財の評価は新価(同等の家財を再購入するために必要な金額)基準によって行います。
  • ・おうちの保険comでは、家財は100万円から、100万円刻みでお見積致します。
  • ・家財の評価方法には、実際に所有される家財の価額を積算する方法家財簡易評価表を使用する算出方法の2 種類があります。

実際に所有される家財の価額を積算する場合の目安表

標準的世帯構成別新価額例:東京都在住・世帯主35 歳・大人2人+子供2 人・60 ㎡にお住まいのケース

※一般的に家財というと、電化製品や家具をイメージされますが、実際には洋服・靴・鞄・寝具・食器・電化製品、家具など、家の中で移動可能なものを言います。下記の例では、それらを全て新品で新たに購入し直した場合に想定される額を目安として御案内しております 。

①インテリア家具 食器棚・本箱・本棚・学習机・ベッド・鏡台・カーテン・洋服ダンス・食堂セット(テーブル・イス)・じゅうたん など
1,262,000円
②台所用品 冷蔵庫・電子レンジ・オーブン・炊飯ジャー・ポット・ホットプレート・食器・調理用具類(包丁・まな板・ざる) など
506,000円
③家電製品 テレビ・ビデオデッキ・ビデオカメラ・ミニコンポ・CDラジカセ・洗濯機・掃除機・ミシン・ファンヒーター・扇風機・デジカメ・パソコン など
970,000円
④趣味用品 ゴルフ用品・スキー用具 など
385,000円
⑤寝具類 敷布団・掛布団・毛布・タオルケット・マットレス・枕 など
297,000円
⑥書籍・CD・DVD類 CDなどの音楽ソフト・ゲームソフト・アルバム・書籍 など
421,000円
⑦身の回り品(大人) スーツ・ブレザー・礼服・コート・オーバー・ジャンパー・ハンドバッグ(ブランド品)・腕時計・貴金属・宝石類(1点で30万円以下のもの)・ワイシャツ・ズボン・スカート・セーター・Tシャツ・下着類・ネクタイ・靴・タオル類 など
3,883,000円
⑧身の回り品(子供) スーツ・ブレザー・コート・オーバー・学生服上下・ランドセル・通学バッグ・和服類・おもちゃ・ワイシャツ・ズボン・スカート・セーター・Tシャツ・下着類・靴・スニーカー など
1,180,000円
合計: 8,904,000円

家財簡易評価表を使用して算出する場合の目安表

以下の目安表を基に実態に応じた調整を行い、評価額を決定します。

世帯主年齢 大人2人 大人2 人+ 子供1 人 大人2 人+ 子供2人 単身
25歳前後・未満 500万円 580万円 660万円 290 万円
30歳前後 670万円 750万円 830万円
40歳前後 1,140万円 1,220万円 1,300万円
50歳前後・以上 1,380万円 1,460万円 1,540万円

※この表に該当しない家族構成の場合、1名あたり大人130 万円、子供80 万円を加算します。

(※ご注意)
・この簡易価格表は保険会社によって、若干数値が異なります。目安としてください。
・実際にはお客様の家財の保有実態に即して調整します。

家財は必ずしも上記の目安表を元にした金額で申し込む必要はありません。
あくまで、実際にお持ちの家財価額を合計した金額で設定されるのが適正です。

上記の評価額目安が1,000万円になったとしても、300万円~700万円といった範囲でご加入するお客様が多くなっています。

家財金額の目安がわからない際には、お気軽にお問い合わせください。

ページのTOPへ

保険金額の決定方法

上記で決定した評価額を基に保険金額を決定します。家財の保険金額は、評価額の範囲内、100万円単位で設定します。下限は100万円となります。

保険金額の決定方法

※ 万が一の事故によって修理・買替えなどをしなければならない場合に備えて保険金額は評価額いっぱいで設定されることをおすすめしますが、ご希望により、評価額の範囲内で設定いただくことができます。ただし、この場合、修理・買替え等を行うにあたって自己負担が生じることがありますのでご注意ください。

omitumori
ページのTOPへ
PAGETOP

(C) 2012-2017 おうちの保険com all rights reserved.