台風26号の爪痕が、列島に刻まれてしまいました。

今なお、伊豆大島では、行方不明の方の救助作業がおこなわれています。

心より、お見舞い申し上げます。

私の所にも、お客様や知人からも問い合わせを頂いています。

突風、強風、竜巻などへの備えをしていなかった。

今回の台風で、建物敷地内に、どこからともなく飛ばされてきたであろう「看板」の一部が

落ちていたそうです。スチール製の角棒状のもので、8センチ角というから、驚きました。

「もし万一、屋根に刺さったら。ガラスを割って、部屋に入ってきたらと考えたら恐ろしくて。」と

言っていました。今日も、庭などの片づけに追われているそうです。

昨日は、詳しいパンフレットを一緒に見ながら、火災保険のお話をしました。

家に帰って、ゆっくりご家族様と話をしてみるとのことでした。

何か、きっかけがないと火災保険のことなんて考えないからと考えがちですが、

リスクは、いつどのように降りかかるか予測がつきません。

今回、よもや!という場所が、床上床下浸水の被害に遭いました。

千葉市稲毛区の方も、床下浸水し、もうすこしで、床上まで来そうだったとショックを受けて

いらっしゃいました。夜中に、車を移動したり、本当に大変なご苦労だったようです。

どうか、一度お時間のある時に、気象変動により、どんなリスクがあるのか、考えてみては

いかがでしょうか。近隣のおうちで折れた木が、もう少しで家にぶつかりそうだったという

お話も聞きました。幸いなことに、人がいない台所側だったそうで、これが人のいる

寝室などだったらと考えると、恐ろしいとおっしゃっていました。

今回、また別の台風が日本に接近中というではありませんか。

是非、無保険のままにしていらっしゃるというお客様、風による災害に対応していない

火災保険にご加入のお客様、ご相談下さいませ。

すぐに、詳しいお見積書とパンフレットをお送り致します。


もみじしつこい営業、勧誘、突然の訪問などは、一切致しません。

ベル火災保険のお見積りご相談は、おうちの保険com

  加入をお急ぎのお客様も、是非、ご相談下さい!

  土日も、喜んで、対応させて頂きます音譜

直通電話は、携帯 080-9156-0021 ソフトバンク

家「通販型火災保険専門店」おうちの保険com

ホームページ
http://www.ouchinohoken.com
電話043-306-5031
FAX043-306-5032
手紙mail@ouchinohoken.com
基本補償のみの最安プランもご案内致します。
トレーラーハウスの火災保険見積ります