マンションの火災保険

 

一体、どんなことに気を付けたらよいの?というお問い合わせやご質問を頂きます。

やはり、マンションの場合、上下左右に、他の住民の方がいらっしゃいます。

新築マンションの場合、皆様、一斉に火災保険に加入されることでしょう。

しかし、長い間年月が経過すると、売却したり、賃貸に出されたりと、様々状況は変化します。

中には、移り住んできたけれど、自分では保険に加入していないという人も出てくる可能性があります。

万一、火災が発生したら、火は上に上にと燃え広がりますから、このようなことが心配でしたら、

個人賠償責任総合補償特約にプラスして類焼損害補償特約を付けておくことも、よいですね。

また、個人賠償責任総合補償特約を付けておくと、ベランダから、階下へ植木鉢を落として、

通行人にケガをさせたり、下に停めてあった車に当たり損傷を負わせた場合などに補償対象となります。

階下に水漏れ事故で、損害が出た時にも、補償されます。

マンションにお住いの方には、個人賠償責任総合補償特約は、必ずおすすめしています。

また、マンションとはいっても、盗難の被害に遭う可能性はあります。

盗難・水濡れ等危険補償特約は、おすすめしています。

マンションの火災保険は、M構造となり、保険料も木造などと比べて安くなります。

地震保険もM構造を適用するので、お安くなります。

マンションだから地震保険に入らなくても良いですか?という質問も良く受けますが、

地震で怖いのは火災です。地震によって火災が発生したら地震保険で補償されます。

地震保険の必要性を感じない。要らないというお客様にも、必ずこのことをお伝えし、パンフレットをお送りします。

どうぞ、色々なプランをご提案致しますので、是非ご相談下さい。

お急ぎの方、ご予算のある方も、お気軽にお問合せ下さい。

マンション火災保険のお問合せ、お見積り請求を、心よりお待ち致しております。

家「通販型火災保険専門店」おうちの保険com

ホームページ
http://www.ouchinohoken.com
電話043-306-5031
FAX043-306-5032
手紙mail@ouchinohoken.com
基本補償のみの最安プランもご案内致します。
トレーラーハウスの火災保険見積ります