今日、NTT東日本から電話がありました。現在の利用状況の確認でした。

そこから契約しているプランの話になり・・・。

思わぬ展開でしたが、月々の支払いに無駄が発生していることが分かりました。 

毎月、毎月、勿体なかった・・・。そこでプランの変更を致しました。

来月からの適用ですが、無駄がなくなったので、有難い!

 

火災保険もそうです。現在のご契約内容は、把握していますか?

最初は、必要と思っていた補償・・・でも、実は、リスクも無く、外しても良い補償がついていませんか?

笑えない話ですが、街中のマンションの5階にお住いの方の火災保険に「水災」の補償が付いていた!

なんてこともあります。土砂崩れの危険性のある山や斜面もなく、川も無いから増水して床上浸水もあり得ない。

それなのに、水災の補償がついていて、保険料が高かった・・・。

こうなってくると、火災保険の見直しのチャンスです。

無駄な補償を外して、必要なリスクだけに備える!家計にプラス!

逆もしかり。例えば、先日、ゲリラ豪雨があり、家の前の側溝から水が溢れてきた!

あわや、玄関まで水がはいってきそうだった!という実体験などがあれば、補償をプラスする。

途中から、補償を追加することは、可能です。先程の例とは逆に「水災」の補償を追加できます。

 

是非、今一度、火災保険証券を確認してみましょう。

「え~っ!これ、要らない補償が付いているんじゃない?」とか、

「この補償が付いていない!付けたら保険料はいくらあがるのかな?」という疑問が出てくるかもしれません。

地震保険に加入しているかどうか、分からなくなったりしていませんか?

災害は忘れた時にやってくる!と言われます。何かのついでに、一度、契約内容をチェックしてみてください。

おすすめです!ご相談は、お気軽に。

家通販型火災保険専門店「おうちの保険com
クレジットカード支払い対応

日新火災の「住自在」(すまいの保険)
「住宅安心保険」ご紹介サイト
新築火災保険・新居の火災保険を迷ったら、ここへ
補償が選べて、保険料が節約できます。
お見積りは→こちらから
全国対応・お見積り無料
お見積りは、すぐにメール送信致します。
ホームページ
http://www.ouchinohoken.com
電話043-306-5031
FAX043-306-5032
手紙mail@ouchinohoken.com
基本補償のみの最安プランもご案内致します。