朝日火災 火災保険 加入 急ぎにも対応

家財の火災保険・地震保険

  • HOME »
  • 家財の火災保険・地震保険

お急ぎのお見積もりご加入にも対応致します!
土日・祝日・夜間も問い合わせ・ご相談承ります。まずはお気軽にお電話ください。

03-6884-2340
080-9156-0021  (ソフトバンクです。ユーザー間は無料通話可)
お客様に電話料金の負担が無いように、こちらから折り返します。

家財とは?

所有している家具・家電製品・衣類・食器・寝具等の生活用具を言います
(よくご質問頂きますが、自動車は家財に含みません。)

建物のみの火災保険では、家財の損害は補償しません
家財の火災保険へのご加入をおすすめします

家財の火災保険・地震保険について

万一の場合に、お客様の大切な家財を火災による損害や消火活動による水濡れ損害
からお守りします。また、火災保険に「雑危険」(盗難・水濡れ)や「風雹雪災」、
「水災」「不測かつ突発的な事故」(破損・汚損)の特約を付けている場合は、
それぞれの損害において補償となります。また、それぞれの特約で免責金額を
設定している場合は、損害額から免責金額を差し引いてお支払いとなります。
*詳しくは、朝日火災代理店「おうちの保険com」へお問い合わせください。

また、家財の火災保険をご契約されると、家財の地震保険にもご加入頂けます。
(例)1,000万円の家財の火災保険に加入した場合、
上限となる50%つまり500万円で地震保険もお付け頂けます。
地震保険の加入は、30%~50%の範囲となります。
★また、建物の地震保険同様、各種割引が適用できる可能性があります。
⇒こちらも詳しくは、朝日火災代理店「おうちの保険com」へお問い合わせを。

明記物件とは?

明記物件・・・、少し耳慣れない言葉です。
「明記物件」とは、貴金属・宝玉、宝石ならびに書画、骨董品、彫刻物そのた美術品で、1個または1組の価額が時価額で40万円を超えるもの。
また稿本(本などの原稿)、設計書、図案、証書、帳簿、ひな型、木型、紙型、模型その他類似品等、これらに類するものです。
この「明記物件」を保険の対象とする場合は、申込書へ明記し、家財とは別に
保険金額を設定頂く必要があります。
その上で、「明記物件」分の保険料を頂き、補償となります。
「明記物件」の保険金額は、明記物件の種類により市場流通価額、または再調達価額から
使用による証文、経過年数等に応じた減化学を差し引いた金額より設定してください。

また、明記物件のお引き受けに際しまして、
・鑑定書 ・保証書 ・領収書など のコピーをご提出頂きます。
これらの確認資料が無い場合は、お引き受けができませんのでご注意下さい。

家財の火災保険や地震保険を是非ご検討下さい。

ご新築時、またはご新居購入時に、とりあえず「建物」だけ火災保険と地震保険に加入するというお客様がいらっしゃいます。
しかし一方では、せっかく購入した新居なので、家電製品を新たに購入したとか、
ご新居の雰囲気の合う家具を新調したという素敵なお話をお伺いすることもあります。
大切なご家族様と住まうおうち、そこに収容している家財。
もしもの火災事故で、家具や家電製品、衣類や寝具などにも損害が及んでしまったら!
御買い換えにも、ご家族様分、相当なお費用が掛かります。
思いがけない火災事故などに備えて、建物にはしっかりと保険を掛けていたものの、
家財の保険は付けていなかった!ということが無いように、
是非、家財の火災保険と併せて家財の地震保険もご検討下さい。
また、盆地部などで落雷の多い地域の皆様におかれましては、落雷の際の過電流で
パソコンが壊れたというお話を伺うことがありました。
火災保険の基本補償となる「火災・落雷・爆発・破裂」の中の落雷です。
こういった、ご当地ならではのリスクがある場合、家財にも保険をお掛けになられる
ことをおすすめ致します。
「いくら位、家財は掛けたら良いでしょうか?」というご質問を多く頂きます。
これに関わらず、色々とお気軽に朝日火災代理店「おうちの保険com」に
ご相談下さいませ。

PAGETOP

(C) 2012-2017 おうちの保険com all rights reserved.